バラの香りつき印鑑

印鑑イメージ

見た目がオシャレな印鑑は最近たくさんで回ってきていますよね。
ですので、これからは、見た目以外の部分でもオシャレになるといいのでは、と思うわけです。

同じようなものを真似てつくっても、インパクトはあまりありませんから、見た目はもちろんのこと、さらに付加価値をつけてオシャレ度をアップさせるのです。

印鑑のオシャレも、ついにここまできたか! と思わせるような物が出てくると楽しいんですけどね。
特に女性にとっては、そういったものがでてきたら興味を持ってしまう人も多いことでしょう。

たとえば、印鑑のキャップを開けたら、バラの香りがする印鑑なんてどうでしょう。
よく、香りつきのボールペンや消しゴムがありますよね。それらと同じように、印鑑でも香りをつけてあげるのです。

シャチハタのようなタイプなら、使用するインクに香りをつければ作れそうですよね。
この場合、朱肉ににおいを付けることが出来れば、押した印そのものも、ほのかに香るようなことになるかもしれません。

そうすると、印の確認をする際に、香りも重要な役割をもつ可能性だってあるわけです。印はあっているけど、香りがこれじゃない! といった感じですね。

印鑑は、携帯用の香水容器のような大きさでもありますから、香水入れと印鑑入れを同じにしてみるのも面白いかもしれません。 普段からそうやって持ち歩けば、他の人に違和感を与えることなく、香水や印鑑を使うことが出来るかもしれませんよ。

ページの先頭へ